final approach

飛行機の話題や空からの写真、下地島訓練風景や沖縄旅行、自衛隊や米軍基地祭の紹介です。

【聖地巡礼】一週間フレンズ

2014年4月から放送されていたアニメ「一週間フレンズ。」。心にグッとくる切なく泣けるストーリーで人気のアニメでありました。そして物語の舞台は私の地元であります東京都多摩市の聖蹟桜ヶ丘付近という事で、地元民の任務(笑)として最終回の12話「友達になってくたさい。」に出てきたシーンを中心に巡ってきました。

まずは12話途中、主人公の長谷君が立ち寄る牛丼屋から。多摩市から橋向こうの府中市四谷5丁目付近の多摩川土手沿い道路の牛丼屋に立ち寄るシーン。実はこの周辺の多摩川土手通り沿いには牛丼屋はおろか、コンビニすらもありません。この牛丼屋の場所に行っても全く違う建物や公園があるだけなので、訪れるさいはご注意を。





 


牛丼で腹ごしらえをした長谷君は橋の上で藤宮さんとバッタリ出会います。この橋は多摩川の四谷橋で、場面背景から聖蹟桜ヶ丘側の歩道を歩いています。今回は車で府中市から多摩市方面へ、ダッシュボード固定したコンデジでムービー録画した動画から1コマ引き出しました。藤宮さん背景の景色が一致。





 


四谷橋でバッタリ出会った長谷君と藤宮さんは、多摩市の聖蹟桜ヶ丘駅前へ。今回「一週間フレンズ。」に協力している京王グループの本社がある場所でもあります。
画像は川崎街道の聖蹟桜ヶ丘の駅前交差点から見た京王百貨店A館とB館。



ちなみに本編に店は出て来ませんが、物語に出てくるメロンパンやタマゴのパンは聖蹟桜ヶ丘駅内にある京王グループのパン屋「Le repas」。メロンパンのシーンは6話「友達の母親。」から。



タマゴのパン「たまコッペ」は、聖蹟桜ヶ丘店限定販売なので来店の際は是非。






 


京王百貨店A館前の駅前広場は、8話「友達と海。」Aパートで海へ行く待ち合わせ場所。





 


駅前広場から川崎街道の横断歩道を渡る前の場所からは、8話「友達と海。」Aパートの信号カット挿絵。



横断歩道を渡ると6話「友達の母親。」他 に出てくる時計台と聖蹟桜ヶ丘OPAの煽りカット。





 


12話「友達になってください。」に戻ります。横断歩道を渡ったら聖蹟桜ヶ丘OPAの1階スタバが目の前に現れます。そのスタバ横の長谷君と藤宮さんのシーン。





 


スタバ横の道路沿いを駅と反対の山側へ進みます。山を登る坂は、ジブリアニメ「耳をすませば」でも有名な「聖蹟いろは坂」。 なので「いろは坂」で写真を撮っている方々は「耳をすませば」を観て来た方が多い様です(笑。





 


坂の途中にある「いろは坂 桜公園」は藤宮さんのママンと合ったベンチがあります。




ちなみにエンディングの1カットも、この辺からの景色です。





 


桜公園から横断歩道へと登ってくるシーン、ヘアピン第一コーナーから第二コーナー間の横断歩道の所は階段はあるけど歩道が無い。



第二ヘアピンから第三ヘアピン間の横断歩道には歩道はあるけど、登ってくる階段か無くて柵で塞がれている。たぶんこの実写の2つのシーンをミックスしたのが、アニメのシーンだと思います。





 


最後の第四ヘアピン入り口までの長い階段はエンディングの1カット



同じ場所の、坂の少し下からのカットは12話「友達になってください。」の1カット。実写画像は、車のダッシュボード固定したコンデジでムービー録画した動画から1コマ引き出し





 


「いろは坂」ヘアピン第四コーナーを登りきると6話「友達の母親。」シーンの1カット、聖が丘方面のシーン。この辺は同じ様な階段が沢山あるので、特定するまでかなり探しましたw





 


更に登って行た所にあるバス停、6話「友達の母親。」で出てくる京王バス「浄水場前」バス停。京王バス桜91と桜92の路線バスが通ってます。私は京王永山駅から桜92で「浄水場前」で下車してすぐ発車シーンを撮影しました。





 


そして「浄水場前」バス停からしばらく下山すると、12話「友達になってください。」クライマックス「山神社」のシーン。先程のバス停「浄水場前」からだと同じ様な景色の住宅街を歩くので迷うかもしれません。京王小田急永山駅から京王バス「永71で直接「山神社」バス停下車出来ますがミニバスなので運行数が少ないのでご注意の程。



階段上から鳥居方面の煽りカット。



階段から神社方面のカット。



「どうしたの藤宮さん?大丈夫?!」 
「今日の事、忘れたくないな」



そこに割り込む賽銭箱のカット(笑




【空撮】下地島を上空から観たい(宮古←→石垣)【石垣空港ラスト】

下地島を上空から見てみたい!サシバになった気分で見てみたい!(笑)という事で、2004年から8年間運休後、2012年から運航再開したANAの宮古-石垣便に乗り、なるべく近くからの景色を見てみたいと思います。出発離陸上昇約10分→ ベルトサイン消灯約10分→ 降下着陸到着約10分程という短い30分飛行。

2013年2月10日、翌月で供用廃止になる石垣空港への最後のフライトもかねて宮古15:40→石垣16:10 ANA1791便で30分の空の旅。宮古空港でノーズが謎の色落ちしているANA WINGS B737-500(JA303K)に搭乗。



北風のため宮古RWY04から離陸し上昇しながらライトUターンし宮古空港上空へ。ベルトサインが消えないのでフィルムカメラ「写ルンです」で撮影。


離陸し右旋回uターン


オーバーヘッド宮古


伊良部島と建設中の伊良部大橋


北風のおかげで04離陸による高度稼ぎが出来たので、伊良部島手前でベルトサインが消えました!デジカメに切り替えて撮影続行。伊良部島に行ったら必ず泳ぐ渡口の浜が見えて来ました。
そして隣の島、下地島へ。


伊良部島


渡口の浜


下地島空港が見えてきまし… 雲www 
辛うじて雲の隙間からエプロンとRWY17エンドを確認。残念、復路に期待。


下地島空港


下地島空港エプロン


辛うじてRWY17エンドがチラッ


宮古島と石垣島の中間にある多良間島。手前が旧空港で奥が現在の多良間空港。


多良間島


旧空港


多良間空港



石垣島が見えて来た


ベルトサインが点灯したので「写ルンです」に切り替え。雲の合間から来月(2013年3月7日) 開港する新石垣空港が真下に見えました。そろそろ(旧)石垣空港到着です。右手に竹富島が。そのまま西へ進みライトUターンし(旧)石垣空港RWY04へファイナル。


竹富島


Uターンして(旧)石垣RWY04ファイナルアプローチ


(旧)石垣空港到着


タラップ降機


翌日、折返し14:20石垣→14:50宮古 後にAIR DO機材になったANK B737-700(JA15AN)に搭乗。本日の沖縄地方は昨日と違って南風運用。実はこの便で宮古空港を南風でアプローチすると凄いコースを通るらしい?と宮古島の某フォロワーさんから情報を得ていたので期待大です。


B737-700(JA15AN)


AIR NIPPON


さようなら(旧)石垣空港。昨日とは逆方向の石垣RWY22で離陸しレフトUターン。(旧)石垣空港が眼下に、新石垣空港が彼方に微かに見えました。


(旧)石垣空港ターミナル


さよなら(旧)石垣空港(「写ルンです」で撮影)


順調に上昇中






上空での機内アナウンスは、こちらのムービーにてご覧ください。




多良間島を越えると左前方微かに下地島が見えて来ました。下地島に近づき、下地島空港の南側をかすめ降下してるその時、まさかのキャプテンからの機内アナウンスが!「訓練専用の空港、下地島空港が見えます」さらに「下地島と伊良部島の間の川の入り江あたりに見える建物が(当時放送していた)NHK朝ドラに出てくるホテルです」とも。ちなみにキャプテン、ドラマ名を失念(笑)。 
機は伊良部島と宮古島の間を北東へ行き、グイッとライトUターンして宮古RWY22ヴィジュアルアプローチで着陸。


多良間島が見えて来ました。


下地島空港


あっという間に宮古島到着。ファイナル直前のキャプテンによる粋なアナウンスの計らいで、素敵な下地島遊覧フライト気分になりました。ちなみに北風時はストレートに宮古RWY04へ着陸するので南風時のANA1792お勧めします(保証はしません!)。


宮古空港到着


お疲れさまでした


【レールガンS】とある地元の聖地巡礼3【超電磁砲S】

関連リンク





今期2クール目のアニメ「とある科学の超電磁砲(レールガン)」。設定上の舞台である「学園都市」は1期同様東京都多摩市や立川市の実在する場所であります。両市が地元であり職場である私がtwitterにUPしてたレールガン2期巡礼レポを、ここに改めてまとめてUPしておこうと思います。

まずはレールガン公式ホームページの全員集合TOP画像。
京王および小田急多摩センター下車、改札を出て左折、広々としたメインストリームの坂をパルテノン多摩方向へ歩いて行き、三越手前を右へ。しばらく歩いた所から右にある階段を降りると、三越から多摩センター駅へ戻る階段。その途中から駅方面の景色がコレ。






階段を戻り登った三越前にあるベンチは6話「あたし…みんなのこと見えてるから」の夜明かし御坂と、布なんとかさんが会話する場所。ちなみにこのベンチは1期インデックス、1期レールガンにも登場済み。






三越間のベンチから西へ少し歩くと、途中の坂道が1話冒頭「黒子」と「初春」初登場シーン。







さらに西へ進むと橋があります。その手前から見た橋の上の「御坂美琴」が、1話冒頭の主人公「御坂美琴」登場シーンです。



ちなみにこの撮影場所の後ろの螺旋階段は、4話「シスターズ」Aパート終盤の風景1カット。






先程の「1話冒頭、主人公「御坂美琴」登場シーン」の後のもう1カット橋の上からのシーン。



この橋の上のシーンは5話「絶対能力進化計画」Aパート御坂vsシスターズの缶バッジ争奪バトル会場でもあります。先程の御坂美琴は橋の南側の景色ですが、このバトルシーン背景は北側の景色。バトルシーンの背景左側シスターズの後ろに僅かに映る朝日生命ビルの窓がその証。



バトル直後のシーンは橋から三越側の右側を見た景色。




ちなみに橋から西へ更に10分程歩いた場所は1話Aパート冒頭シーン、インデックス1期20話にも登場した小田急多摩線高架下の公園。しかし残念ながら最近改修工事が行なわれ、ベンチの場所が移動され景色が変わってしましました。






先程の橋の、朝日生命ビル側の螺旋階段を下って広い道路の歩道が4話「シスターズ」Bパートのガチャガチャ帰りの御坂と子供達のシーン。ちなみにここも1期インデックス、1期レールガンで登場済み、



同じ場所からモノレール駅側も4話「シスターズ」Bパート。劇中の「学園都市バス東通り1」で御坂が子供達を見送るシーンの手前1カット風景。






最後は多摩エンター駅からモノレールに乗って立川北駅へ。駅からモノレール沿いに北へ進むと11話「自動販売機」Bパート当麻とシスターズ10032号が会うシーン。劇場版インデックスも上映した映画館シネマ・ツー前の広場です。




という訳でレールガンS巡礼、また判明したら追加していきますね。


調布飛行場 新ターミナルビルと旧日本陸軍三式戦闘機「飛燕」掩体壕

平成25年4月2日に供用開始した「調布飛行場 新ターミナルビル」。その2日後、現地に行ってきましたので今更ですが(笑)レポします。



屋上に設置してあるディスコーンアンテナとグランドプレーンアンテナ。



入り口へ



中に入ると沢山の待ち合い席が並びます。



右側にはカウンターが並びます。




屋内はガラス張りのため明るく感じます。上を見ると吹き抜け構造で2階のフロアが見えます。2階へ行ってみましょう。



ビル入り口から入って左にあるエレベーターか階段で2階へ。階段はこんな感じ。



2階に上がると左側にユーティリティースペース、右側に展望デッキがありました。こちらはユーティリティースペース。



こちらは展望デッキ。供用直後の為か?デッキへのドアに鍵がかかっていたので外へ出る事は出来ませんでした。ガラス越しにデッキを見ると屋根はありませんがスポット側へはガラス越しの様です。




ユーティリティースペースでは航空便の行き先である「大島」「新島」「神津島」の名産が展示してありました。展示のみで販売は行なわれていない様です。(25年4月時点)






島の観光パンフレット



ユーティリティスペースからの展望。開けたすばらしい眺望ですが、ガラス越しのため撮影の際は反射しない様に工夫が必要。



ガラス越しにドルニエを撮影。





展望デッキの後ろ側から。



2階から見た吹き抜け。




外に出てみましょう。ビル正面向かって左側は行けなかったので、向かって右側へ。新中央航空のプレハブとの間から、スポット方面が見える場所がありました。(25年4月時点)







新中央航空プレハブの右側には、数日前まで使用していた調布飛行場ターミナル。(25年9月時点で両建物共に撤去作業中の模様)




さて、調布飛行場 新ターミナルビルへのアクセスですが、ターミナル前と三鷹駅や調布駅のバスは少ないので要注意です。




あとはターミナル出て右側へ(赤い矢印)徒歩12分の「大沢コミュニティセンター」バス停か、又はターミナル出て左側へ(青い矢印)徒歩12分の「竜源寺」バス停を利用する事となりそうです。





ちなみにターミナル出て左側へ(青い矢印)徒歩12分の「竜源寺」バス停へ向かう際、是非見て頂きたい物が途中にあります。ターミナルを出てJAXAの格納庫前の交差点をすぎ、航空機内装でお馴染みJAMCOを抜けて行くと、春には桜の花咲くその下に…



旧日本陸軍三式戦闘機「飛燕」の掩体壕「大沢1号」と「飛燕」のブロンズがあります。









他にもいくつか掩体壕があり、滑走路側には上にベンチが設置してあります。この辺滑走路側の見晴らしも良く、展望台もあるので航空機の撮影に向いている場所です。






新石垣空港周辺レポ

2013年3月7日に開港する新石垣空港こと「南ぬ島 石垣空港」。開港1ヶ月前の2月中旬、完成間近の新空港へ行ってきました。現在の石垣空港よりも滑走路が500m長い2000mの滑走路を有する新空港。滑走路延長で就航エリアも広がり、より多くの観光客が期待出来ますが新石垣空港は市街地からかなり離れた所にあるとの事。


新石垣空港Google Map位置表示

車ではどの位かかるのでしょうか?フェリーターミナルからの所要時間をiPhoneのMapで調べてみると、今迄の石垣空港から離島へのフェリーターミナルへは車で9分(4.2km)。新空港からフェリーターミナルは海沿いの国道390号線を車で走って27分(16km)、3倍ですか。


フェリーターミナル - 石垣空港

フェリーターミナル - 新石垣空港


では実際にフェリーターミナルから新空港へレンタカーで走ってみましょう。
国道390号線をひたすら進む。市街地は信号につかまったりで若干流れが遅い感じで走行。現 石垣空港脇をすぎると車も少なくなり流れがスムーズになりました。景色も右には海、左には緑が多くなってきます。道路標識は既に新空港用が準備されており「石垣空港」と書かれてマスキングされていました。


国道390号線

「石垣空港」の字がマスキングされている標識


島の海岸に沿った道路で遠回り気味にカーブが多いですが流れの良い1車線道路です。今回は途中何ヶ所か道路工事が行なわれていて、相互通行の為に数分待ちの軽い渋滞がありましたが概ねノンストップで走行。30分程で左側に景色が開けて長く白い橋のような物が見えて来ました。滑走路南側の誘導灯です。新空港はもうすぐです!


誘導灯が見えてきました


もう少し進むと遠くに赤いレーダーや管制塔が見えて来ました。新石垣空港到着です。レンタカーでのんびり走って新空港 - フェリーターミナル間は走行時間30分から40分という感じです。新空港が開港したら今以上の交通量になるでしょうから、到着して市街地やフェリーターミナル方面へ移動する際は時間の余裕をみて計画した方が良さそうです。

さて国道から交差点を空港ターミナルへ右折…しようと思ったら、まだ工事中につき関係者以外立ち入り禁止でした(2月中旬)。仕方ない、空港ターミナルは諦めて空港周辺や撮影スポットを確認して行きましょう。そのまま国道を進み、先程見えた誘導灯をくぐって滑走路の反対側へ向かいます。


南ぬ島 石垣空港


誘導灯を越えて右カーブの坂を登って行くと右側に滑走路脇のフェンスが見えてきました。細い路地を入ってフェンス越しに向かいます。
管制塔や空港ターミナルが見えて来ました。フェンス沿いの道路が上り坂になっているので、ある程度進んで高い所へ。脇の土手に登るとフェンスを越えて空港を一望する事が出来ます。


誘導灯を越える

フェンス越しへ


空港北側


空港ターミナル


空港南側


4本のPBBを備える立派な空港になりました。ターミナルの高い所には円形?の展望デッキが。午前中の撮影でお世話になりそうです。ターミナルの右横には管制塔や海上保安庁の立派なデカいハンガーが。


PBBが4本の空港ターミナル


空港ターミナルのPBBと円形の展望デッキ


管制塔


海上保安庁


振り返ると遠くにはVOR/DMEが見えます。そしてその上空をJTAのB737-400がフラップからベイパーを引きながら石垣空港のRWY22へ向けてファイナル。


VOR/DME


VOR/DME


ベイパーを引きながら現 石垣空港へ向かうJTA B737-400


一旦国道に戻り、少し北上して今度は舗装された道を右折してフェンス沿いへ。こちらからからも空港の眺望が開けます。海や「ISHIGAKI」の字と飛行機を絡める事が出来ます。ただしこちらは先程と違って高台が無いので、一眼レフで撮影するなら脚立が必要になりそうですね。一眼のライブビューやコンデジなら脚立無しでも撮影出来そうです。




ISHIGAKI


更に北上して滑走路エンドに行けないものか?と国道に戻って少し北上。空港北西にあるカーラ岳という丘の手前を右折し、車1台分の幅の道を入っていってみます。遠くには滑走路エンドが見えますが途中で通行止めで駐車するスペースも無し。草むらに入るにしてもここは石垣島。「これだけは知っておこう 山の危険生物 」にもある通り、ハブをはじめ気をつけなければなりません。ついつい宮古島の感覚でいると危なそうなので断念。


カーラ岳の手前を入る

道が狭い

通行止め


そして更にカーラ岳の北側にあるダンプ道を入ってみる。入ってすぐに激しい凸凹の砂利道と対向車のダンプで来た事を後悔しつつも進むと先程以上の茂みの狭い道に。通行止めなんだろうなあと思い引き返すと、目の前に八重山の山々の景色が広がり目を奪われます。


カーラ岳とダンプ道。画像左方面に新石垣空港


石垣島の島の北東方面


石垣島の中央方面


北側の滑走路エンドは海岸沿いからじゃないと行けないのかなあ?と考えつつ今回は断念。北側は諦めて反対側にある滑走路南側の誘導灯に行ってみることにします。誘導灯へ近づくにつれ、その大きさに圧倒されます。


誘導灯




ジンベエジェットのコバンザメ撮影をイメージして魚眼でとってみる(笑)。


魚眼のイメージ


ちなみにiPhone4Sで撮影


北風時に、ざわわな景色と絡めるイメージ。



坂があるので道を登って行くと、石垣畜産センターなる所に出ました。牧場の草原は勝手に進入すると大変な事になると思い、公道の狭い脇道を車で入り何とか滑走路に正対するアングルを探す。しかし道がどんどん狭くなり大変な事に。


石垣牛「こっち見んな」

RACきたー

イルカ参上


結局、坂の頂上沿いに走る広い道で、滑走路と正対する景色を撮影。



滑走路と正対


という所でもう時間が無いので残念ながら撤収です。海上保安庁通信所らしきアンテナを通りすぎ、石垣空港へ向かうジンベエジェットを頼りに現 石垣空港へ戻ります。


海保通信所


ジンベエジェット


今迄は空港から市街地やフェリーターミナルへの移動だけだった石垣島ですが、新空港のお陰で石垣島の自然に触れるきっかけになりそうです。そして今度来る時は、美しい石垣島の景色と飛行機を絡めて撮影したいと思います。


調布飛行場 新ターミナルビル工事

昨年末からスポット削減の工事を行っている調布飛行場。7月上旬、管制塔と新中央航空の間に二階建て程の鉄骨が組まれていました。




近くへ行ってみると工事現場のフェンスに
「調布飛行場 新ターミナル完成予想図」が貼ってありました。ガラス張りの二階建てで、内装も開放感があります。2013年4月オープン予定との事。




8月上旬、着々と工事か進んでいる模様。



パパのいうことを聞きなさい !聖地巡礼

「パパのいうことを聞きなさい !」 1話冒頭で多摩モノレールが出てきた瞬間、これは地元の私の出番だな、と(笑)。今まで登場各所を巡礼しTwitterに投げてきましたが、ここらで一旦まとめておこうと思います。
画像上が本編画像(ぼかし処理済)、下が巡礼画像。道路上の撮影はダッシュボードに固定したコンデジでムービーを撮りっぱなしで対象を通過後、画像1コマを取り出しました。


多摩モノレールを軸に、登場した場所を北から南に巡って行きましょう。
まずは3話で出てきた立川南口駅周辺。主人公の裕太(以下おいたん)が池袋から自分の家へ三姉妹を連れて行く道中JR中央線立川駅下車。画像は立川駅南口の改札口。その横にあるecuteの改札口は工事中でフェンスがありましたが現在は工事終了で撤去済み。


JR立川駅南口

ecute改札口


駅南口の遊歩道を南に進みエスカレーターで地上に降りた所にあるのが3話カラオケ回のBIC ECHO。そしてすぐ先のセブンイレブン前交差点から南方向を見たシーンも3話から。


カラオケ店

セブンイレブン前

セブンイレブン前の交差点



モノレールを多摩センター方面へ。柴崎体育館から南へ行った「立日橋北交差点」から、立日橋へ向かった橋の手前の所は2話。


立日橋前


そして5話で空(偽ハルヒ)が、おいたんに携帯を届けた帰りに雷雨の中、道を迷ってるのが甲州街道。道路上からの撮影になってしまいましたが、実際のシーンは撮影画像右側の歩道からの視点です。


甲州街道




さらにモノレールで南へ。高幡不動駅から南へ行った「高幡十字路」が、5話で空がおいたんのバイト先がらの帰りに間違えて乗ったバスが通った交差点。そして空を手分けして探す為おいたんと仁村が別れる所も同じく「高幡十字路」。おいたんと仁村が別れるカットの左側、赤いトラックの場所は実は消防署。空がバスの後部窓から見た景色は十字路の東側から見た景色。


高幡十字路(交差点南側から)

空がバズの後方窓から観た高幡十字路(交差点東側から)

おいたんと仁村が別れるシーンの高幡十字路(左側は消防署)




多摩動物公園駅からすぐ近くのY字路「多摩動物公園南交差点」を右へ。1つ目のT字路が、おいたんのアパートの場所という設定(アパートは存在しません)。そのすぐ先にコンビニの場所(コンビニは存在しません)。
T字路を左折しモノレール沿いに向かうとOPサビの「よよよの人」のシーン。
更にモノレール沿いの坂をのぼってトンネル手前に行く道はOP Bメロで空と美羽が通学するシーンの所(画像無し)。
坂頂上のトンネルを徒歩で歩くシーンは3話で登場。


T字路から見たコンビニの場所

OPサビ、T字路から見たトンネルへ行く坂

OPサビ、坂からモノレールを見た所

3話で坂頂上のトンネルを歩くシーン(画像方向に行くとおいたんの家)

T字路


9話冒頭のシーン、空と美羽が遅刻しそうになってアパートからモノレールの「中央大学明星大学駅」まで走ってトンネルの山を越えて通学しています。実際はアパートすぐとなりの「多摩動物公園駅」へは走って3分程なのですが、どうやら劇中では「多摩動物公園駅」の存在は無い事になっているようで(笑)一切出てきません。




トンネルの山を越えると1話から出てきた「中央大学明星大学駅」。駅から1つ目の交差点を右折すると1話冒頭おいたんが自転車で通学中トンネル手前のシーン。
トンネルを越えると大学の校門シーンである中央大学校門前。


中央大学明星大学駅

トンネル

中央大学正門前




モノレールの多摩センター駅下車、京王相模原線に乗り換えて次の駅「堀之内駅」で降り、バスで5話登場のぐりーんうぉーく多摩へ。※バスでのアクセスは(こちらの公式HPアクセスページ参照)。
おいたんのバイト先へ忘れ物の携帯を届けにきた空。そのバイト先がショッピングモールの「ぐりーんうぉーく多摩」にあるファミレスという劇中設定。


ベルク前駐車場

コーナン前駐車場


ちなみにベルク前駐車場からは北風だと横田基地RWY36へアプローチする機が見えます。これは先日コンデジで撮ったサザンエアーのB747-200F


サザンエアーB747-200F


レストラン棟にあるサイゼリアEXPRESSの隣にあるマリオンクレープ前


マリオンクレープ前

マリオンクレープ前


スシロー前と、スポーツデポ前中央の通り。さらにファッション棟2階からの眺めから振り返ると、おいたんの部屋の仕切り用に買い物をするニトリと100円ショップ


スシロー前

スポーツデポ前

ファッション棟2階から中央の通りを見る

ファッション棟2階から

ニトリ前

ダイソー前




ニトリから「見附ヶ丘」バス停方面へ行くと3話で空をおいたんが追いかけてくるシーンに出てくる夜の長池公園の橋の上





※おまけ
2話に出てきた空港シーン。チラッと映る機材はANAのB777、場所はおそらく羽田空港国際線ターミナル。離陸滑走路はRWY16かもしれないのですが、画像がRWY05しかなかったので勘弁。


ANA B777

羽田国際線ターミナル

画像はD滑走路RWY05




調布飛行場駐機スポット再編工事中

調布飛行場が駐機スポット再編の工事中。正面のタクシー乗り場付近の駐機スポット前、管制塔から新中央航空ターミナルまで高いフェンスが出来ていて滑走路方面が全く見えない状態です。撮影に来られる方は注意。




工事の看板をみると「駐機スポット数を削減するための工事」とあります。工期は3月下旬まで(予定)。




つまり何が言いたいのかというと、看板右上にさりげなく描かれた「ドルニエちゃん」が可愛い!という事です。



【エグゼクティブクラス体験】JAL航空機緊急避難訓練&機内サービス体験【リンクシェアサロン】

※この記事の画像は、日本航空より掲載の許可を受けております。


昨年2月に羽田空港で行なわれたJALフルフライトシミュレーター体験&整備工場見学会

昨年に引き続き今年も2月18日に、世界の企業に選ばれる安心と信頼のアフィリエイトサービス、リンクシェアさんとJALさん主催によるアフィリエイトサイト運営者18名限定の見学会に招待していただきました。
今年のプログラムスケジュールは整備場地区にあるJALの非常救難訓練センターでの脱出訓練体験、そして客室訓練センターでのビジネスクラス機内サービス体験。モノレール整備場駅にて下車し徒歩数分、羽田空港Nエリア沿いにある「JAL救難訓練センター」に到着。



中に入ると、救命ボート(42 MAN LIFE RAFT)やファーストエイドキット、サバイバルユーティリティが。



FIRST AID KIT

B767 SURVIVAL UTILITY & FIRST AID KIT

救命ボート


広々とした室内にドンと構えるB747型のモックアップ。Rドア側にはSLIDE RAFTが付けられています。そして反対側のLドア側はプールがあり、海上救難訓練が行なえるようになっています。



まずは教官のCAさんからスライドを滑る際の姿勢についてレクチャーを受けます。前屈みになり滑る事。滑り降りる速度は結構速いので重心を前傾にしないと、着地した時に立てなくなってしまいます。


良い姿勢の例

着地の際、前に逃げれる

悪い姿勢の例

重心を後ろにすると着地の際、地面に投げ出されて尻や頭を打ってしまう


では実際にB747型モックの機内に入ってみましょう。階段を上って機内前方から入ると…アッパーデッキへの螺旋階段が!懐かしい!クラシックジャンボへの想いが蘇ります。
室内は実際の客室と全く同じように再現されていますが、我々の着席しているエリアから見て、前方右側のドアはB777 のNo.2ドア、左側にはB767のNo2ドアが付いています。



ここで本日のJALスタッフの方々から自己紹介。CAさんは訓練教官でもあります。



前方のプロジェクタースクリーンに緊急脱出訓練の映像が映し出されます。急脱出には、陸上に緊急着陸しスライド滑走による陸上脱出と、海上に着水しボートによる海上脱出があります。


地上脱出訓練

スライド滑走

海上脱出訓練


まずは突発緊急着陸。GOODLUCK!やアテンションプリーズ等、航空関係のドラマでお馴染み、緊急降下中の機内に「頭を下げてHeads Down!」というCAさんのかけ声が響きます。



続いて突発海上脱出。着水後、ドアからボートにて避難します。



そして翼上海上脱出。着水後、機内からLIFE RAFTを運び、翼上から避難します。



スライダーを滑る際の姿勢と地上での援助の説明。滑る際は、高く飛びすぎない。遠くに飛びすぎない。上体を起こす。
スライダー下の援助者は、スライドの脇に立つ。腕を引いて援助する。離れた所へ退避させる。



緊急降下時の姿勢。前方の椅子に腕をクロスさせてうつ伏せになります。最前列に着席の場合は腕を足首にあててうつ伏せになります。



CAさんによる緊急降下着陸の実演が始まりました。サービス要員から保安要員になったCAさんは降下中、大声かつハッキリとしたした口調で乗客へ2カ国語で訴えます。


緊急降下中「頭を下げて!Heads Down!」

着地。「大丈夫!落ち着いて!Stay Calm!」

ドアモードは右側のオートマティック


着地後、外の安全を確認してドアを開けます。ちなみにドアモードは、ドアを開けるとシューターが自動で展開するオートマティックモードです。(空港での通常着陸時は、ドアを開けた時にシューターが展開しないように、着陸後オートマティックからマニュアルモードにします)


着地後、窓から外の状況を確認します。

ドアを開けます


それでは実際に全員で緊急降下を体験しましょう。照明が消され緊急降下状態に。ジャンプシートのCAさんからはかけ声が、乗客は対ショック姿勢でうつ伏せになります。着地後、ドアが開きます。



ドアから地上を見る。結構高いですね(笑)。姿勢に注意しながらシューターで一気に滑り降ります。




この後、モックの向こう側(Lドア側)のプールにて海上脱出訓練を行なう為にモックの高さを調整する間(モック本体は上下にチルトします)休憩時間。ちょっとまわりの施設を見てみましょう。滑り降りた向かいにはJAL主力の小型機B737-800のLドアと客席2列のみのEXIT DOOR TRAINERがありました。



そしてこちらはB777のDOOR TRAINER。ここでトリプルのドア開閉を学びます。


飾ってあった翼上からのシューター模型


休憩後、モック機内に戻ります。
続いて海上脱出訓練の実演を行ないます。前方のスクリーンにはコクピットの映像。右上には着水までの残り時間がカウントダウンされます。着水11分50秒前、エンジンサージ。



ここで教官CAから先程やった降下中の腕をクロスにする対ショック姿勢の確認とレクチャー。そして座席下にある救命胴衣を実際に広げて早着。理屈ではわかっているつもりなのですが、実際手に取り着てみるものの、裏返ってしまったり、紐の掛け方がなかなか上手くいきません。これは緊急パニック時だと更に大変なんだろうなあと思いました。
赤いタグの紐を引っ張ると一瞬で救命胴衣が膨らみます。青の保護シート内にある小型ガスボンベ2本からのガスで、左右それぞれの胴衣が膨らむのですが、私のは片方が膨らみませんでした。その際は赤いパイプから息を吹いて膨らませますが、なかなかの肺活量を必要とするようです。ちなみに救命胴衣は膨らますと足元が見えなくなるので、膨らますタイミングが大事だそうです。今回は機内で膨らませてみましたが、脱出時に足元が見えず歩きづらかったです。



降下が始まりました。対ショック姿勢をとります。着水完了後、L2ドアから救命ボートへ。




救命ボートの搭載数は777-200/-300が8個、767が4個、767ERが5個だそうです。

CAさんの訓練期間1から2ヶ月のうち救難訓練は8日間、各機材の形式訓練もあり、定期救難訓練も一年に一回あるとの事。ちなみに乗務を半年以上休んだ場合は復帰訓練もあるそうです。

さて、保安要員としてのCAさんの安全への取り組みを学んだ後は、場所を移動して今度はサービス要員としての取り組みを学びたいと思います。場所を訓練センターから機装ビルへ徒歩にて移動。ビル内の客室訓練センターへ向かいます。




広々とした高い天井の空間。実はここ、2年前に廃部となったバスケットWリーグチームJALラビッツの練習場だった場所なのだそうです。
左右にずらーっと各機材の各クラス客室、ギャレーが並び、その景色は圧巻です。たまらん(笑)。




SKY SLEAPER SOLO

SKY SLEAPER SOLO


ファーストクラスのSKY SLEAPER SOLOやエグゼクティブクラスのシートが並ぶ。これらのシートはコスト削減の為、退役したB747から持ってきたそうです。今までお疲れ様、お帰り。謎の感動(笑)。





JAL SUITEファーストクラスのシートモック。ニューヨーク、シカゴ、ロサンゼルス、ジャカルタ線の各機に8席装備。ニューヨーク片道正規料金100万円だそうです。



ギャレートレーニングコーナーに置かれたドラムのような黒いケース。中には白い鍋のような物が。実はこの中に米と水を入れレンジで米を炊く炊飯器なのだそうです。30分で炊きあがり15分蒸らすそうです。




歴代の制服が並ぶ


ここでJALの食品開発、WEB担当の方々からの挨拶後、我々にエグゼクティブクラスの客室サービスを体験してもらうとの発表。
NY、ロンドン、パリ、シカゴ行きエグゼクティブSEASONS、2月までの和食、肉、魚のメニューからチョイス。
ミールのコンセプトは「四季を感じさせる」事に重点をおいているそうです。
私は肉料理をチョイス。SEASONSのチケットが発行されました。
羽田発 羽田行き JL218(2月18日)、RMKSはコードシェア with リンクシェア(笑)




搭乗案内が開始されました。エグゼクティブSEASONSのシートへ。



実際の機内客室と全く変わらぬサービスが開始されました。まずはシャンパンのサービスから。



和食と洋食のコースメニュー



ドリンクはシークワーサー味になった新しいスカイタイムをいただきました。

洋食肉料理のコース
アミューズ・ブーシュは「鱈のエスカベッシュ」と「セロリラブのムース 海老のマリネと生ハムを添えて」
オードブルは「サーモンと蟹のテリーヌ アイオリソースと共に」「ラムロースト シャンビニオンムースを添えて」「フォアグラテリーヌ ポルトゼリーと共に」
パンはメゾンカイザー。毎朝メゾンカイザーの工場から搬入され機内に搭載されるそうです。そして機内で軽く暖めて出すそうで、なるほどほんのり温かいのが嬉しいですね。



CAさんの配膳オペレーションを見ながら料理をいただく。何この素敵な空間?こんな飲食店があったら絶対流行る(笑)。



メインディッシュは「特選A3和牛フィレ肉のグリル 粒マスタードソース」
マスタードソースと塩で楽しめます。肉は生で搭載しギャレーで調理。焼き具合はイイ感じでナイフでスーッと切れる程非常にやわらかく美味でありました。
せっかくなので、先程の機材で炊いた新潟県魚沼産コシヒカリもいただきました。



こちらはお隣の方の和食。「京料理 わた亀」5代目高見浩氏監修の献立。



こちらもお隣の方の洋食魚コースのメインディッシュ。「イトヨリ“巣籠”スタイル バルサミコソースと共に」



デザートは「ヨーグルトムースと黒胡麻ババロア」と「コーヒー」
どこを見てもインスタント感を全く感じない、まさに料理が機内の限られた機材で作られてサービスされている事に驚きを感じました。企画から開発までの努力が凄いのだと感じました。ごちそうさまでした!
ちなみに水の搭載が限られているので食後の皿は、洗わず下げたらカートにまとめるとの事。

企画といえば、エアモスバーガーも驚きでした。このようなアイデアも今後色々と出てくる事でしょう。とこの時思っていたら先日、エア吉野家が発表されましたね。



当機は間もなく羽田空港へ着陸。羽田発羽田行きの素敵な旅も終わりを迎えようとしています。最後はリンクシェアの担当者様からご挨拶。いつも有難うございます。



最後はロビーでJALの方々がお見送り。今回は実際に体験する事によりJALの安全やサービスへの取り組みや姿勢を感じる事が出来ました。日本の空の為に今後もがんばっていただきたいと思います。
有難うございました。



追伸
昨年2月のJALフルフライトシミュレーター見学会翌日は、アニメ「けいおん」の埼玉スーパーアリーナライブでした。そして今年は見学会と同じ2月に「けいおん」の映画がありました。その映画を観に行ったら映画館でポストカードをいただきましたが、そのポストカードに写っているB777-300ER ロンドン行きのエグゼクティブクラスが、まさに本日体験したサービスだったのでありました。



プロフィール

DJ SoundEdit

エントリーリスト

カテゴリーリスト

タグ